岡部こども医院

富山市の小児科,内科 岡部こども医院

〒939-8211 富山県富山市二口町1-12-7
TEL 076-422-7111
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

    最近の感染症情報



最近、当院を受診される患者さんに多くみられる感染症や、富山県の他の地域で流行がみられる
感染症についてお知らせします。
 
1)感染性胃腸炎
ウイルス性の胃腸炎で、大人から子供まで感染し、家族内感染も多くみられます。症状は、嘔吐、下痢、腹痛、発熱ですが、個人差があります。潜伏期間は1~3日で、下痢の期間は3~8日です。便を介して経口的に感染するため、予防にはトイレやオムツ交換後の手洗いが重要です。

 
2)溶連菌感染症
咽頭炎、扁桃炎を起こす細菌感染症で、冬から春にかけて、飛沫、経口感染します。潜伏期間は
2~5日で、高熱や激しい咽頭痛で発症し、24時間以内に細かい発疹が出現することがあります。
溶連菌感染症は、後にリウマチ熱や腎炎を合併することがあり、早期に診断し治療を行う必要が
あります。咽頭ぬぐい液で迅速診断が可能です。
 
 3)伝染性紅斑(リンゴ病)
両側の頬の紅斑、四肢の網状紅斑が出現するウイルス性発疹症です。潜伏期間は約1週間で、発熱、
筋肉痛、咳、鼻汁などの症状の後、1週間して頬の紅斑が出現します。合併症では、左右対称性に
関節炎を認めます。発疹期には感染力はなく、登園も可能です。